株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イオンファン---急落、株価上昇を踏まえて国内証券が投資判断を格下げ 10月22日14時33分

イオンファン<4343>は急落。いちよし証券では投資判断「A」から「B」に格下げ、フェアバリューは2300円としている。月次売上高の回復傾向が続く中、コロナ禍影響は薄れつつあるとしているが、足元の株価上昇を踏まえたもよう。10月7日から前日高値まで株価の上昇率は34.4%にまで達している。いちよし証券では、21年春に発表見込みの新中計において、重要改革の推進に向けた戦略具体性がいかに高まるかが焦点としている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »