株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クオールホールディングス---業績予想の上方修正を発表。コロナによる外来診療の受診控えの回復が売上に寄与 10月22日16時46分

クオールホールディングス<3034>は22日、5月29日に公表していた2021年3月期第2四半期(2020年4月-9月)の業績予想の上方修正を発表。

売上高が前回公表比2.1%増の790.9億円、営業利益が同2.6倍の20.8億円、経常利益が同2.64倍の21.09億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同3.15倍の6.3億円となる見込み。

同社は当初、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は9月まで継続し、10月以降回復すると想定していたが、想定より早い回復が見られたようだ。

売上高は、保険薬局事業において、従来の水準に戻るに至っていないものの、7月以降外来診療の受診控えの回復が徐々に見られ、当初計画を上回った。医療関連事業は計画通りに進捗したことから、当第2四半期連結累計期間の売上高は期初予想を上回る見込みとなった。

利益は、保険薬局事業において、コスト適正化プロジェクトが一定の成果を上げたことに加え、医療関連事業では、専門領域MRの戦略的な配置等が進みCSO事業が好調に推移したことから、期初の予想を大幅に上回る見込みとなった。

なお、2021年3月期の通期業績予想については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が不透明であることから、現時点での業績予想の変更はないとしており、今後の業績動向を踏まえ、修正が必要と判断される場合には、速やかに開示するとしている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »