株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フリューが急伸し新高値、国内有力調査機関は「鬼滅の刃」ビジネスで注目 10月22日12時21分

 フリュー<6238.T>が急伸。株価は一時、前日に比べ10%超高に買われ年初来高値を更新した。東海東京調査センターは21日、同社株のレーティングを「アウトパフォーム」でカバレッジを開始した。目標株価は2000円に設定した。創業事業のプリントシール事業は競合の事業撤退で残存者メリットを享受している。特に、足もとでは人気漫画「鬼滅の刃」の版権を活用した関連商材が伸長しているとみており、下期以降、同社のキャラクタ・マーチャンダイジング(MD)事業を中心に収益に大きく貢献するとみている。同商材は21年3月期と22年3月期に営業利益にそれぞれ約5億円、約15億円の収益貢献となると予想。これに伴い、21年3月期の営業利益は前期比29.5%減の25億6600万円(会社予想は15億円)、22年3月期の同利益は50億7700万円への大幅増益を予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
「量子コンピューター」が12位にランク、次世代技術を巡る動きが活発化<注目テーマ>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にシスロケ
午前:債券サマリー:先物が横ばい、10年債利回り0.025%に低下


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »