株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は動意薄、豪ドルは弱含み 10月23日14時26分


23日午後の東京市場でドル・円は104円70銭付近と、動意の薄い値動き。日経平均株価などアジア株高を背景にリスク回避の円買いは抑制され、クロス円は底堅い。ただ、本日発表された豪PMIでサービス業の回復が示されたが、豪ドルは対ドルで弱含み対円でも下押しされる。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円67銭から104円94銭、ユーロ・円は123円41銭から124円02銭、ユーロ・ドルは1.1787ドルから1.1824ドル。




<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »