株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪金概況:下落、米大統領選候補者のテレビ討論会終了で安心感も 10月23日16時05分

大阪取引所金標準先物 21年8月限・日中取引終値:6420円(前日日中取引終値↓33円)

・推移レンジ:高値6442円-安値6417円

23日の大阪取引所金標準先物(期先:21年8月限)は下落した。米国株高を受けた今日の東京株式市場で日経平均が底堅い動きとなり、また、日中取引の時間中に行われた米大統領選候補者のテレビ討論会が大きな波乱なく終了したことも市場心理改善につながり、安全資産とされる金には資金が向かいにくかった。さらに、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが底堅い動きとなったことも、ドルの代替投資先とされる金先物の上値抑制要因となった。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »