株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日続落、一時5%近く下落も買い戻し、マネフォやアンジェスに買い 10月23日16時55分

 本日のマザーズ市場では、前日の流れを引き継いで買い持ち高を手仕舞う動きが先行した。マザーズ指数は前場中ごろに5%近い下落となり、1200ptを下回る場面もあった。ただ、その後は週末を前にした売り方の買い戻しや、目先のリバウンドに期待した買いが入り下げ渋った。なお、マザーズ指数は3日続落、売買代金は概算で2913.84億円。騰落数は、値上がり120銘柄、値下がり197銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>やフリー<4478>といった時価総額上位が全般軟調。売買代金上位ではBASE<4477>、HENNGE<4475>などが売りに押された。すららネット<3998>は手仕舞い売りが広がり、一時ストップ安を付けるなど急落。サマンサJP<7829>やライトアップ<6580>もすららネットとともに下落率上位に顔を出した。一方、時価総額上位ではマネーフォワード<3994>、売買代金上位ではGNI<2160>やサイバーダイン<7779>が上昇。マネーフォワードは外資系証券の投資判断引き上げが観測された。アンジェス<4563>は一部報道を受けて10%近い上昇。また、JIG−SAW
<3914>が上昇率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »