株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=前日比49円高、米大統領選のテレビ討論会を意識 10月23日11時43分

 23日前引けの日経平均株価は前日比49円68銭高の2万3523円95銭。前場の東証1部の売買高概算は4億7732万株、売買代金は約9341億円。値上がり銘柄数は829、値下がり銘柄数は1235、変わらずは109銘柄だった。

 日経平均株価は、朝方に一時90円超の上昇と値を上げて始まったが、買い一巡後は伸び悩んだ。日本時間の午前10時から米大統領選のテレビ討論会が始まり、その結果を確かめたいと様子見姿勢が強まった。また、東証マザーズ指数の下落が続いており、これまで急伸していた中小型材料株に売りが膨らんでいることも警戒感を呼んでいる。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984.T>やファーストリテイリング<9983.T>が高く、日経平均銘柄への新規採用が発表されたネクソン<3659.T>が商いを伴い急伸。中外製薬<4519.T>やブリヂストン<5108.T>が値を上げた。ANAホールディングス<9202.T>やJR東日本<9020.T>もしっかり。半面、任天堂<7974.T>やトヨタ自動車<7203.T>が安く、BASE<4477.T>やHENNGE<4475.T>、すららネット<3998.T>といった中小型株が急落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
マザーズ指数が続急落、時価総額上位の銘柄売られ1200台割り込む場面も◇
ネクソンがカイ気配、日経平均臨時入れ替えでの新規採用を好感◇
中外薬が4日ぶり反発、血友病治療薬の収益貢献で1~9月期営業益41%増と急拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »