株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↑】日経平均 大引け| 小反発、米大統領選の討論会通過で買い安心感 (10月23日) 10月23日16時09分


日経平均株価
始値  23558.71
高値  23587.90(12:35)
安値  23469.13(10:23)
大引け 23516.59(前日比 +42.32 、 +0.18% )

売買高  9億6767万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆9159億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比42円高と小反発、売買代金は10日連続の2兆円割れ
 2.前日のNYダウは152ドルと反発、景気敏感株などに買いが流入し堅調
 3.米大統領選のテレビ討論会を通過した安心感で後場に一時100円超上昇
 4.米インテルの減益決算で、東エレクやスクリンなど半導体関連株が軟調
 5.東証マザーズ指数は3日続落、BASEやすららネット、フリーなどが安い

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比152ドル高と反発した。良好な経済指標や追加経済対策への期待から景気敏感株を中心に買いが優勢となった。

 東京市場では、日経平均株価は小反発。下値に買いが入り、全般相場は底堅く推移した。ただ、薄商い状態は続いた。

 前日の米株式市場では、NYダウが反発。追加経済対策への期待もあり景気敏感株などを中心に買いが流入した。これを受けた東京市場も反発してスタートしたが、午前10時からの米大統領選のテレビ討論会を意識して、前場は小幅なマイナスに転じる場面もあった。しかし、後場に入ると買いが優勢となり一時上昇幅は100円を超えた。大統領選のテレビ討論会が終了したことから安心感が広がった。ただ、大引けにかけて上昇幅は縮小した。

 個別銘柄では、トヨタ自動車<7203>やファナック<6954>が高く、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>など銀行株がしっかり。ブリヂストン<5108>や中外製薬<4519>が値を上げた。日経平均銘柄への新規採用が発表されたネクソン<3659>が商いを伴い急伸した。
半面、ソフトバンクグループ<9984>や任天堂<7974>が安い。米インテルの減益決算を受け、東京エレクトロン<8035>やレーザーテック<6920>、ディスコ<6146>といった半導体関連株が下落。東証マザーズ指数は3日続落し、BASE<4477>やHENNGE<4475>、すららネット<3998>、フリー<4478>といった銘柄が売られた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は中外薬 <4519> 、ファナック <6954> 、ファストリ <9983> 、ブリヂストン <5108> 、ダイキン <6367> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約48円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、日立建機 <6305> 、エムスリー <2413> 、アドテスト <6857> 、TDK <6762> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約63円。

 東証33業種のうち上昇は26業種。上昇率の上位5業種は(1)ゴム製品、(2)空運業、(3)鉱業、(4)保険業、(5)証券商品先物。一方、下落率の上位5業種は(1)その他製品、(2)精密機器、(3)小売業、(4)食料品、(5)サービス業。

■個別材料株

△YSフード <3358> [JQ]
 空間除菌器「SterilizAir ステライザ」の販売開始。
△ネクソン <3659>
 日経平均臨時入れ替えでの新規採用を好感。
△高度紙 <3891> [JQ]
 21年3月期業績予想を上方修正。
△テラ <2191> [JQ]
 麻布獣医学園麻布大学と共同研究契約を締結。
△中外薬 <4519>
 1-9月期営業益41%増。
△横河ブHD <5911>
 上期経常を51%上方修正・最高益予想を上乗せ。
△栗田工 <6370>
 21年3月期業績予想を上方修正。
△今村証券 <7175> [JQ]
 上期営業は4.3倍増益。
△初穂商事 <7425> [JQ]
 12月末を基準日に1→2の株式分割へ。
△セキド <9878> [東証2]
 韓国コスメ催事に「不時着マスク」が登場。

▼SHIFT <3697>
 公募増資と売り出し実施を嫌気。
▼長野計器 <7715>
 21年3月期業績予想を下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ネクソン <3659> 、(2)SKジャパン <7608> 、(3)アトラ <6029> 、(4)フォスター <6794> 、(5)パンチ <6165> 、(6)マネックスG <8698> 、(7)ミダック <6564> 、(8)USENHD <9418> 、(9)三菱重 <7011> 、(10)岩谷産 <8088> 。
 値下がり率上位10傑は(1)日立建機 <6305> 、(2)アイモバイル <6535> 、(3)エイトレッド <3969> 、(4)SHIFT <3697> 、(5)グッドコムA <3475> 、(6)モバファク <3912> 、(7)エフオン <9514> 、(8)カカクコム <2371> 、(9)ZOZO <3092> 、(10)キャリアL <6070> 。

【大引け】

 日経平均は前日比42.32円(0.18%)高の2万3516.59円。TOPIXは前日比5.53(0.34%)高の1625.32。出来高は概算で9億6767万株。東証1部の値上がり銘柄数は1096、値下がり銘柄数は989となった。日経ジャスダック平均は3617.79円(3.39円安)。

[2020年10月23日]


株探ニュース

【関連ニュース】
来週の決算発表予定 ソニー、ファナック、KDDIなど (10月26日~30日)
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、買取王国、ウェッジHDが売られる
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、すららネット、バリュエンスが一時S安


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »