株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オイシックスは冴えない、21年3月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感 10月23日09時15分

 オイシックス・ラ・大地<3182.T>は冴えない動き。22日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を780億円から900億円(前期比26.7%増)へ、営業利益を30億円から50億円(同2.0倍)へ、純利益を12億円から25億円(同3.2倍)へ上方修正し、朝高スタートしたが、その後は材料出尽くし感からの利益確定売りもあり、冴えない展開。

 新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言に伴う外出自粛要請などの影響により、第1四半期を中心に食材宅配サービスの需要が急激に高まり、国内宅配事業の定期会員数およびARPU(月間購買単価)が順調に伸長したことが要因。また、ARPU上昇による物流・配送効率の良化などに伴う利益率の向上も寄与する見通しだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オイシックスが21年3月期業績予想を上方修正
横河ブHDが大幅反発、橋梁事業の受注好調で上期業績は計画上振れ
ほくほくカイ気配スタートで1000円台復帰、4~9月期経常利益を大幅増額修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »