株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル104円80銭台、日経平均は小動き、中国トウモロコシ輸入拡大を検討 10月26日12時00分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円80銭台で推移。中国政府は今後1年間のトウモロコシの輸入量拡大を検討していると関係者の話としてロイターが報じている。台風や干ばつなどで生産が低迷していることが要因にあるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が2円安で午前の取引を終了した。午前は手掛かり難で、前日終値を挟んだ方向感の無い展開で推移となった。中国の上海市場が下落したこともセンチメントを低下させたようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »