株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は34円安、引き続き米大統領選の不透明感など意識 10月26日12時37分

日経平均は34円安(12時35分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、ダイキン<6367>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で35円程押し下げている。一方、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、TDK<6762>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で18円程押し上げている。セクターでは、鉄鋼、サービス業、証券商品先物、情報・通信業、空運業が値下がり率上位、建設業、非鉄金属、電気機器、不動産業、倉庫運輸関連が値上がり率上位となっている。

後場寄り後の日経平均は前場の安値を下回って推移している。新型コロナ感染拡大への警戒感や、米大統領選や米追加経済対策の不透明感から、引き続き積極的な買いは手控えられているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »