株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今週のマーケット展望「決算発表本格化 日本株は底堅い展開予想」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ) 10月26日10時37分

皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。先週は、これまで堅調だったマザーズ指数が大きく下げましたね。この調整は長引くのでしょうか?心配な方も多いと思います。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、10月26日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、今週の動向について『米大統領選まで残り1週間となり全体としては大きく動きにくい』として、こうした中で最大の注目は『今週本格化する決算発表だ』と述べています。

『26日には日本電産<6594>、日東電工<6988>、オービック<4684>、キヤノン<7751>、27日には信越化学<4063>、富士通<6702>、シマノ<7309>、HOYA<7741>、日立建機<6305>、28日にはコマツ<6301>、日立<6501>、ソニー<6758>、29日にはOLC<4661>、三菱電<6503>、NEC<6701>、アドバンテスト<6857>、デンソー<6902>、ファナック<6954>、京セラ<6971>、東エレク<8035>、 30日にはエムスリー<2413>、JT<2914>、アステラス薬<4503>、第一三共<4568>、ZHD<4689>、TDK<6762>、キーエンス<6861>、村田製<6981>、三井物<8031>、KDDI<9433>と注目企業の決算発表が目白押しだ』と伝えています。

そして、『今回の決算発表では7〜9月業績が4~6月より改善していることを確認することとなろう』と言及。

『例えば村田製は既に上方修正を発表している。4~9月期の純利益が前年同期比9%増の990億円になった。従来予想の24%減、693億円から一転して増益となった』として、『村田の例は出来過ぎとしても、概ねこうした傾向が確認できれば、大統領選で手控えムードとは言っても薄商いのなか、指数は上値を試すかもしれない』と広木さんはいいます。

一方、『米国でも主要企業が決算を迎える』とし、『29日にはアルファベットやアップル、フェイスブック、アマゾンの決算が予定されており大統領選前の最後のヤマ場となりそうだ』と考察しています。

また、国内では『26日に臨時国会が召集され、菅首相が就任後初の所信表明演説を行う』『29日には日銀の金融政策決定会合会。終了後に展望リポートを発表する』とし、さらに『イベント的に大きいものは26〜29日の日程で開催される中国の第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)だ。2021年からの5年間の経済政策を定める第14次5カ年計画に注目が集まる』と示唆しています。

『今週も引き続き米国発の大統領選・追加経済対策関連のニュースのほか、ワクチン開発や欧州でのコロナ感染再拡大などのニュースフローで振らされるリスクはあるが、上述の通り決算発表で業績の改善を確認する展開を想定し、日経平均は底堅く推移するだろう』と広木さんは予想しています。

一方、『先週、急速に調整色を強めた東証マザーズだが、調整も一巡感が出ており、この水準で下げ止まると見ている』と分析。『マザーズ指数は25日移動平均も下支えにならなかったことで先週金曜日は投げ売りが加速したが、1200ポイントの節目が意識された感がある。急速に下げ渋り、ほぼ寄り引け同値の小幅陰線、長い下ヒゲを出している。下げ止まりのサインと思われる』と見解を伝えています。

最後に、日経平均の予想レンジは『2万3400円~2万3800円とする』としています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »