株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イード---スマホがクルマの鍵になる「バーチャルキー」が福井県の嶺南スマートエネルギープロジェクトにて利用開始 10月26日11時34分

イード<6038>は23日、ジゴワッツと共同開発の「バーチャルキー」が、福井県嶺南地域を中心に展開する「スマートエネルギーエリア」プロジェクトの「EVによるVPP(仮想発電所)およびカーシェア実証事業」のスマートロックとして利用開始したと発表。

「バーチャルキー」は、自動車の鍵をスマートフォンに置き換えるスマートロックシステム。ジゴワッツの認証基盤技術「JigoAuth」を利用した認証サーバ、スマートフォンアプリ、専用車載器により構成される。解錠・施錠のみならず、プッシュスタートボタンの有効化・無効化操作が可能である。既存アプリに鍵の操作機能を直接組み込むAPIや、車の管理システム等から一時的なスペアキーを発行することができるアプリ開発不要のAPIを用意しているため、車を利用する既存サービスを低コストにオンライン化することができ、非対面での鍵の受け渡しが実現できる。

「バーチャルキー」はこれまでも、スマートバリュー<9417>、NTTル・パルク、九州電力<9508> IDOM<7599>、奈良先端科学技術大学院大学で利用実績があるが、地方自治体との取り組みは今回が初となる。同社は今後も地域の車両やエネルギーの有効活用に寄与していく考え。




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »