株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CAC Holdings---シーエーシー、「心sensor for Communication」を提供開始 10月26日12時09分

CAC Holdings<4725>の子会社であるシーエーシーは22日、AIでWeb会議でのコミュニケーションを円滑化するソフトウェア「心sensor for Communication」を開発し、提供開始することを発表。

「心sensor for Communication」は、Web会議に参加しているユーザーの反応や感情、ジェスチャーを画像認識AIで読み取り、カメラ映像を加工する形でWeb会議画面上に表示。発言していない参加者の感情や反応も把握でき、アバター表示も可能。画像認識AIにより読み取ったユーザーの反応等はアバターの表情や背景色に反映される。AIが認識した各ユーザーの結果はサーバー上で集計され、アプリ内のビューアー画面に表示される。会議参加者全体の雰囲気や傾向を可視化して把握・分析できる。

感情認識プラットフォームにはAffectiva, Inc.(米国マサチューセッツ州)の感情認識AI「Affdex(アフデックス)」を使用。ジェスチャー認識AIは、シーエーシーが独自開発。カメラで撮影したユーザーのジェスチャーを認識する。
授業やライブ鑑賞、スポーツ観戦等、様々な分野のオンライン配信で活用が可能。将来的には個人ユーザーへの展開も視野に入れている。




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »