株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ドラフト Research Memo(8):2020年12月期第1四半期における受注残高は4,673百万円の高水準 10月26日15時08分

■今後の見通し

ドラフト<5070>の2020年12月期は、9ヶ月間の売上高を4,100百万円、営業利益を90百万円、経常利益を80百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を60百万円と予想している。当期の9ヶ月間と2021年12月期第1四半期を加えた12ヶ月間における参考予想値では、売上高が前年同期比9.3%増の6,600百万円、営業利益が同6.7%増の510百万円を計画している。

期首の受注残高は、前年同期比29.7%増の2,202百万円であった。2020年12月期第1四半期は、コロナ禍により、オフィス移転やオフィスビル再生投資が様子見となったこともあり、売上高は期初計画を上回ったものの810百万円にとどまり、営業損失67百万円を計上した。当四半期に300百万円程度の案件延期・中止が発生したが、受注残高は4,673百万円の高水準となった。

新たな取り組みとして、コロナ禍により自宅にWork(働く)場所が必要となったことから、暮らしを再定義し、食寝働分離を実現する「W PROJECT」を始動した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)



<NB>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »