株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

全般こう着の中で決算を手掛かりとした個別物色に 10月26日08時34分

 26日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。23日の米国市場はNYダウが小幅に下落する一方で、ナスダックが上昇するなど、まちまちの展開。10月製造業PMI速報値の改善を好感し寄り付き後上昇した。しかし、経済対策を巡る交渉でムニューシン米財務長官が、前進はしたがペロシ議長の譲歩が得られず、「依然、著しい相違が残る」と述べ早期合意期待が後退したことが重石となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の23550円。円相場は1ドル104円60銭台で推移している。

 引き続き米国の追加経済対策を巡る報道に影響を受けやすいだろうが、米大統領選まであと1週間程度に迫るなか、よりメディア報道などに敏感に反応しやすいと考えられ、積極的な売買は手控えられやすいところである。報道を受けて短期筋の仕掛け的な売買が出やすいと考えられるが、先高観から積極的にはロングポジションが積み上がっているとは言えないため、売り仕掛け的な動きがあったとしても、下値の堅さは意識されやすいだろう。そのため、日経平均の23500円レベルでの底堅さは引き続き意識されよう。

 また、今週は決算発表が本格化するため、決算内容を手掛かりとした物色に向かいやすい。今週は700社超の決算発表が予定されており、決算を手掛かりとした日替わり的な物色となりそうだが、足元で決算を発表した企業においては、保守的な計画を上方修正してくる動きが目立っている。自動車生産の回復のほか、いち早く経済活動が再開した中国の需要回復を背景に、電子部品企業の上方修正が目立ってきている。そのため、決算を手掛かりに見直す流れがコンセンサスになりやすいだろう。

 一方で中小型株についてはマザーズの時価総額の大きい主力銘柄において下落が目立っており、水準としてはこれまでの上昇に対する利益確定であろうが、急ピッチの調整によって需給状況が悪化傾向になる。自律反発狙いの動きもみられているが、戻り待ちの売り圧力は強く、個人投資家のセンチメントを悪化させやすいだろう。売り仕掛け的な動きも出てくると考えられるため、やや物色対象からは次第に離れていきそうである。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »