株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数下げ止まらず、時価総額上位の銘柄に売り圧力強い◇ 10月26日12時55分

 東証マザーズ指数が下げ止まらない状況にある。きょうで4日続落となり、前週末同様に1200大台攻防を意識させる展開にある。ここまでマザーズ市場を牽引してきた時価総額上位の銘柄が軒並み軟調で投資家心理を冷やしている。先駆して大きく株価を切り下げたアンジェス<4563.T>は目先リバウンドに転じているが、マザーズ時価総額首位のメルカリ<4385.T>が5%を超える下げとなったほか、弁護士ドットコム<6027.T>、BASE<4477.T>なども大幅安となっており、マザーズ指数の変調を映し出している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
26日の主なマーケットイベント
寺岡製は小動き、9月中間期業績は計画上振れも反応限定的
ぐるなび大幅続伸、10月前半のネット予約利用数が2.5倍と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »