株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪金概況:上昇、警戒材料多く安全資産として見直しの動き 10月27日16時05分

大阪取引所金標準先物 21年8月限・日中取引終値:6442円(前日日中取引終値↑31円)

・推移レンジ:高値6444円-安値6419円

27日の大阪取引所金標準先物(期先:21年8月限)は上昇した。昨日まで3営業日続落となっていた金先物だが、欧米での新型コロナ感染拡大や米大統領選への不透明感、米追加経済対策の交渉行き詰まりなど警戒材料が多く、安全資産として金が見直され、また、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが上値の重い展開となったことも金先物の下値支持要因となり、今日の金先物は4営業日ぶりに上昇した。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »