株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:反発、時価総額上位銘柄の主導で値を戻す 10月27日16時15分

27日のマザーズ先物は前日比27.0pt高の1209.0ptとなった。なお、高値は1212.0pt、
安値は1148.0pt、取引高は16112枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が大幅安となり、ナイトセッションが軟調に推移した流れを引き継ぎ続落でスタートした。現物株の寄り付き後も下げ幅を拡大し、34.0pt安まで下落する場面があったも。しかし、BASE<4477>、メルカリ<4385>、弁護士ドットコム<6027>など時価総額上位銘柄が急速に値を戻して相場をけん引し、マザーズ先物も急反発となり、一時は30.0pt高まで上昇した。なお、その後は堅調な推移が終日続き、本日の高値圏で取引を終了した。市場では「マザーズ市場の直近の相場は先物の売買が主導していた」との声があったが、本日は現物株の寄り付き後に時価総額上位銘柄が急速に値戻したことが相場の上昇に寄与したようだ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »