株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クオールホールディングス---オゾン関連製品の年間1万台、売上20億円販売体制を整備。ウィズコロナ時代に向け販売推進 10月27日16時23分

クオールホールディングス<3034>は27日、「オゾン除菌脱臭器 AIR BUSTER(エアバスター)」を中心としたオゾン関連製品の販売において、年間1万台、売上20億円に向けた販売体制を整備したと発表。

販売体制の整備に加え、コロナ禍において医療機関等への安定した供給を通じて安心・安全な環境を提供するために、オゾン関連製品の生産体制を増強したとしている。

安心・安全な医療を提供することが使命である医療機関において、感染リスクを低減することは急務となっている。衛生環境の整備に注目が集まっている昨今、同社は公衆衛生の向上に貢献するため、オゾン関連製品を優先的に医療機関へ販売している。

オゾンガスは、同社と奈良県立医科大学、 MBT コンソーシアム(奈良県橿原市)との共同研究を通じて、新型コロナウイルスが不活化されることが実証されており、ウィズコロナ時代に向けてオゾンを有効に活用するべく更に販売を促進していく考え。

同社は、オゾン関連機器の販売でリーディングカンパニーを目指し、新型コロナウイルスをはじめとした感染症拡大防止策に資する商品の普及を通じ、地域住民の安心・安全な暮らしを支えていくとしている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »