株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米外為市場サマリー:ドル需要高まり一時105円00銭台に上昇 10月27日08時03分

 26日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=104円84銭前後と前週末に比べ10銭強のドル高・円安。ユーロは、1ユーロ=123円81銭前後と同40銭弱のユーロ安・円高だった。
 
 欧米を中心に新型コロナウイルス感染が再拡大するなか、流動性確保を目的としたドルの需要が高まった。米ジョンズ・ホプキンス大によると23日の世界の新規感染者数は50万人を超えて過去最多となったほか、スペインは25日に再び非常事態を宣言。世界的に経済活動が規制され、景気回復が遅れるとの懸念が広がった。また、米国の追加経済対策を巡る与野党協議に進展がみられないことも安全資産としてのドル買いにつながり、一時105円05銭までドル高・円安が進んだ。ただ、リスクオフの局面では低リスク通貨とされる円も買われやすく、ドルは買い一巡後に上値が重くなった。一方、ユーロが対ドルや対円で軟調で、この日に発表されたドイツの10月IFO企業景況感指数が市場予想を下回ったことなどが影響した。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1810ドル前後と前週末に比べ0.0050ドル程度のユーロ安・ドル高だった。


出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
26日の主要国際商品市況 
26日の米国主要株価指数終値
26日の欧州主要株価指数終値


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »