株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コクヨ反発、各ドメイン需要回復で20年12月期業績予想を上方修正 10月27日09時48分

 コクヨ<7984.T>が反発している。同社は26日取引終了後に、20年12月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しは前期比25.9%減の124億円(従来予想は95億円)に上方修正した。

 売上高見通しは同7.6%減の2960億円(従来予想は2900億円)に引き上げた。経済正常化に向けた動きを背景に、空間価値ドメイン(ワークスタイルにあった空間設計・構築事業など)やビジネスサプライドメイン(事務用品通販「カウネット」や文房具店web発注システム「Ki SPA」事業など)、グローバルステーショナリードメイン(国内外での文具の製造販売事業など)の需要回復が進んだことが主な要因だとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
極東産機はS高、20年9月期業績は営業利益が計画を上振れて着地
アサヒ陶が大幅反落、全国優良リフォーム会員運営のカラーズ社と提携で基本合意も反応限定的
任天堂が商い膨らませ買い優勢、年末商戦意識し75日線サポートラインに押し目買い◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »