株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル104円50銭台、ハリケーン接近でメキシコ湾の石油生産が半減 10月28日08時58分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円50銭台で推移。米メキシコ湾にハリケーン「ゼータ」が接近し、従業員が退避することで、メキシコ湾の石油生産量が半減したとロイーターが報じている。

一方、東京株式市場は日経平均先物が140円安と軟調な推移となっている。米国市場でダウが下落したことや、欧米での新型コロナ感染者の増加で景気への影響を懸念する動きが出ているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »