株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(寄り付き)=続落、新型コロナ感染拡大でリスク回避 10月28日09時03分

 28日の東京株式市場は売り優勢、寄り付きの日経平均株価は前営業日比113円安の2万3372円と続落。

 前日の欧米株市場は新型コロナウイルスの感染者数が再拡大していることが嫌気され、総じてリスク回避の流れが続いた。米国では26日時点で過去1週間の新規感染者数が1日当たり7万人と過去最多を更新するなど深刻な状況にある。ただ、米国株市場ではNYダウが3日続落と下値模索が続いているものの、ハイテクセクターに切り返す銘柄が目立ち、ナスダック総合指数は反発するなど光明も見える。東京市場では引き続き売り圧力が意識され、円高方向に振れているドル・円相場や米株価指数先物の動きなどを横目に不安定な動きが予想されるが、下値では日銀のETF買いなどの思惑から下げ幅は限られる可能性がある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
28日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万3320円(-180円)
28日の株式相場見通し=売り優勢、欧米の新型コロナ感染拡大が重荷
東京株式(大引け)=8円安、米株急落受けリスク回避売りも後半下げ渋る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »