株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:カルビーやアスクルなどに注目 10月29日09時05分

28日の米国市場では、NYダウが943.24ドル安の26519.95、ナスダック総合指数が426.48pt安の11004.87、シカゴ日経225先物が大阪日中比360円安の23060。29日早朝の為替は1ドル=104円30-40銭(昨日大引け時は104.25円付近)。本日の東京市場では、米国株に連れ安してソフトバンクG<9984>、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>など景気敏感株の軒並み安が予想される。国際線の搭乗率低迷の長期間観測からJAL<9201>、ANA<9202>も売り直され、初開示した今期の業績予想が赤字だったJR東海<9022>も下落を強いられよう。反面、昨日大引け後に2021年3月期の業績予想を上方修正したソニー<6758>、
「巣籠もり消費」で9月中間期の連結経常利益を15億円から18.7億円に上方修正したエバラ食品工業<2819>など規模の大小を問わず好業績が判明した銘柄には個別に買いが入ろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたカルビー<2229>、サントリーBF<2587>、アスクル<2678>、MonotaRO<3064>、すかいらーく<3197>、野村不動産ホールディングス<3231>、FUJI<6134>、不二越<6474>、富士通<6702>、日本電子<6951>、HOYA<7741>、リコー<7752>、伊藤忠<8001>、三井物<8031>、住友商<8053>、三菱商<8058>、キヤノンマーケティングジャパン<8060>、日ガス<8174>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »