株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪金概況:下落、株安による損失補う換金売りも 10月29日16時05分

大阪取引所金標準先物 21年10月限・日中取引終値:6330円(前日日中取引終値↓87円)

・推移レンジ:高値6336円-安値6304円

29日の大阪取引所金標準先物(期先:21年10月限)は下落した。ドルの総合的な価値を示すドルインデックスの上昇を受け、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいにくくなった昨日来の流れが継続し、また、世界的な株安に伴い、株価下落による損失を金の売却で補おうとする換金売りも指摘され、金先物は下落した。ただ、下値を売り急ぐ動きはなく、今日の日中取引で昨日のナイトセッションでつけた安値(6286円)を下回ることはなかった。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »