株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小幅続落、売り広がらず、直近IPO銘柄に買い 10月29日16時31分

本日のマザーズ市場では、前日の欧米株の急落を受けてリスク回避的な売りが出た。
ただ、マザーズ指数は底堅く推移し、後場にはプラス圏へ浮上する場面も見られた。
日経平均が寄り付きを安値に下げ渋り、マザーズでもパニック的な売りは広がらなかった。売買代金はさほど膨らまず、米大統領選などの重要イベントを前に大方の投資家は引き続き様子見ムードだったと考えられる。短期の値幅取りを狙った物色は直近IPO(新規株式公開)銘柄やテーマ株の一角に向かった。なお、マザーズ指数は小幅続落、売買代金は概算で2060.17億円。騰落数は、値上がり140銘柄、値下がり175銘柄、変わらず14銘柄となった。
個別では、時価総額上位のフリー<4478>、ラクス<3923>、弁護士コム<6027>や、売買代金上位のGNI<2160>が軟調。ただ、時価総額トップのメルカリ<4385>は小幅な下げにとどまった。また、メディカルN<3645>が利益確定売りに押され、下落率トップとなった。一方、時価総額上位ではBASE<4477>がプラス圏で取引を終え、JMDC<4483>は8%近い上昇。売買代金上位ではマクアケ<4479>が続伸し、すららネット<3998>は大幅に反発した。また、直近IPO銘柄のカラダノート<4014>が上昇率トップで、Pアンチエイジ<4934>はストップ高を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »