株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=354円安と大幅に5日続落、2万3000円台を割り込む  10月30日15時34分

 30日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に5日続落。後場にかけ下げが加速する展開となり、8月28日以来、約2カ月ぶりに2万3000円台を割り込んだ。

 大引けの日経平均株価は前日比354円81銭安の2万2977円13銭。東証1部の売買高概算は13億1380万株。売買代金概算は2兆6377億4000万円となった。値上がり銘柄数は244、値下がり銘柄数は1897、変わらずは39銘柄だった。

 後場にかけ売りが膨らみ日経平均株価は300円を超す下落となった。NYダウ先物が下げ幅を拡大するなかポジションを落とす動きが強まったほか、週末で利益確定売りも優勢の展開となった。前日のNYダウは139ドル高と5日ぶりに反発したが、戻りは鈍いとの見方が出ていた。東証1部の87%の銘柄が下落し、東証33業種の全てが値下がりする全面安となった。

 個別銘柄ではソフトバンクグループ<9984.T>、ソニー<6758.T>、東京エレクトロン、日本電産<6594.T>、富士通<6702.T>といった主力のハイテク株が軒並み安となり、武田薬品工業<4502.T>やオリエンタルランド<4661.T>、キーエンス<6861.T>も売られた。米アップルの7~9月期決算が減益となったことから村田製作所<6981.T>やTDK<6762.T>、アルプスアルパイン<6770.T>も売られた。

 半面、業績の増額修正を発表したアドバンテスト<6857.T>やファナック<6954.T>が高く、パナソニック<6752.T>神戸物産<3038.T>が上昇。KDDI<9433.T>や第一三共<4568.T>がしっかり。KADOKAWA<9468.T>やセプテーニ・ホールディングス<4293.T>が値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・30日>(大引け)=東京鉄、神戸物産、オカムラなど
神戸物産が大幅反発、9月営業利益は37%増
カドカワが一時S高、未定としていた21年3月期業績予想は市場予想を上回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »