株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は329円高でスタート、KDDIやJTなどが上昇 11月02日13時00分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23306.20;+329.07TOPIX;1608.28;+28.95

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前週末比329.07円高の23306.20円と前引け値(23303.42円)とほぼ変わらずの水準で取引を開始した。ランチバスケットは差し引き10億円の買い越しとの観測。また、ランチタイムの日経225先物は、きょうの高値圏での横ばい推移。バリュー株などが買われる展開で前場の日経平均は市場参加者の想定よりも強含む展開となったものの、日本は明日が祝日(文化の日)で、さらに日本時間4日には米大統領選の投開票を控えていることから次第に様子見気分が強まる展開が引き続き予想されている。

 売買代金上位では、KDDI<9433>、JT<2914>がそれぞれ5%高となっているほか、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、日本電産<6594>などが上昇。業種別では、金属製品を筆頭に、陸運、電気・ガス業、倉庫・運輸関連業、不動産業などが上昇率上位にランクイン。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »