株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ドウシシャが続落、21年3月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感強まる 11月02日09時46分

 ドウシシャ<7483.T>が続落している。10月30日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を920億円から1010億円(前期比4.9%増)へ、営業利益を53億円から86億円(同43.4%増)へ、純利益を36億5000万円から59億円(同40.1%増)へ上方修正したが、目先の材料出尽くし感が強まったことから売られているようだ。

 上期において、開発型ビジネスでテレワーク需要の拡大に伴いOAデスクやOAチェアーの販売が好調に推移したほか、室内での熱中症対策や換気需要の高まりから扇風機・サーキュレーターの販売が好調に推移。また、家庭内での調理機会の高まりを受けてホットプレートなど調理家電の調理用品も好調に推移したことが要因。更に、卸売型ビジネスで除菌スプレーやマスクのほかに、ビニール手袋のニーズが増えて衛生関連用品の販売が好調に推移したことも寄与する。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高501億8900万円(前年同期比3.9%増)、営業利益52億300万円(同66.5%増)、純利益35億8600万円(同67.7%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
2日韓国・KOSPI指数=寄り付き2276.61(+9.46)
マキタ急反発、工具需要拡大で21年3月期税引き前を一転増益に上方修正
ISIDがS安、第3四半期過去最高営業益も通期予想据え置きで失望感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »