株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JTが高水準の売買代金こなし急反発、業績上方修正好感し抜群の高配当利回り評価 11月02日13時12分

 JT<2914.T>は5日ぶり急反発、一時120円強の上昇で2091.5円まで上値を伸ばした。特筆されるのは売買代金であり、午後1時現在で200億円近くをこなして東証1部上場銘柄のなかで上位10傑に食い込む活況ぶりとなった。同社が前週末10月30日取引終了後に20年12月期の業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の4220億円から400億円以上も上乗せし4640億円(前期比7.6%減)となる見通しを示したことで、これを好感する買いを引き寄せる形となった。業績面では厳しい環境にあるものの、海外でのたばこ事業が好調で収益押し上げに貢献した。同社株の特長は株主還元姿勢の高さで、前期実績ベースで年間配当は154円、今期もこれを継続する見込みで配当利回りは7%を大きく超えている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=急反発、米株安も好決算銘柄中心に買い優勢に
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
リネットJが一時S高、使用済みパソコン・小型家電回収で新たに11自治体と協定締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »