株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アンリツなど5G関連に物色の矛先、通信メガキャリアの5G関連投資注力で追い風◇ 11月05日13時35分

 アンリツ<6754.T>が続伸し5日移動平均線を上回ってきたほか、リバーエレテック<6666.T>、ネットワンシステムズ<7518.T>など次世代通信規格「5G」関連に位置づけられる銘柄に買いが流入している。通信メガキャリア3社が揃って5G関連投資を強める姿勢を示している。日本経済新聞によると、ソフトバンク<9434.T>とKDDI<9433.T>は今後10年で基地局整備などにそれぞれ2兆円を投じる計画にあるほか、NTTドコモ<9437.T>は23年度までに1兆円を投資する方針にあることが報じられている。こうしたなか、5G向け通信計測器のトップメーカーであるアンリツをはじめ、世界最小クラスのATカット水晶振動子や音叉型水晶振動子で5G関連需要を捉えるリバーエレク、通信ネットワーク環境の構築で実績が高く5G投資の恩恵を受けやすいネットワンなどは収益機会が高まるとの思惑が足もと投資資金を誘導している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:国債買いオペ、「残存期間25年超」の応札倍率3.93倍
<個人投資家の予想> 11月05日 13時
セガサミーが後場一段高、第3四半期決算に投資有価証券売却益約59億円を計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »