株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

KYCOMがカイ気配、今3月期最終利益7倍予想でポジティブサプライズ 11月06日09時03分

 KYCOMホールディングス<9685.T>が寄り付き大口の投資資金が流入、気配値で水準を一気に切り上げている。同社は通信や公共向け中心にシステムの受託開発を主力展開し、データ関連サービスも手掛けるが、情報処理案件の契約単価の改善などが収益に寄与している。5日取引終了後、非開示だった今期業績予想を発表、最終利益は前期比7.1倍の2億5000万円と急拡大を見込んでおり、これがポジティブサプライズとなった。株価は10月5日に年初来高値1137円をつけてからは調整局面にあったが、ここにきて75日移動平均線をサポートラインに下げ止まる動きをみせていた。株式需給面でも目先売り物がこなれており足が軽くなっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<11月05日の十字足示現銘柄(買いシグナル)>
6日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万4165円(+50円)
<個人投資家の予想> 11月06日 08時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »