株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は6日続伸、リクルートHDが1銘柄で約40円分押し上げ 11月10日12時32分

10日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり189銘柄、値下がり35銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は6日続伸。268.37円高の25108.21円(出来高概算10億8725万株)で前場の取引を終えている。

前日9日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は834.57ドル高の29157.97ドル、ナスダックは181.45ポイント安の11713.78ポイントで取引を終了した。米大統領選の結果に目処がつき不透明感が一段と後退したほか、新型コロナワクチン開発で大きな前進が見られ、景気見通しが大きく改善し、ハイテク株から景気循環株へのポートフォリオの移行が目立ちダウ平均株価は日中取引で過去最高値を更新した。一方、ナスダック総合指数は下落して取引を終えた。ダウ平均の大幅高を受けた今日の東京株式市場は買いが先行した。東京市場でもワクチン開発の進展が好感された。また、20年4-9月期決算発表で業績予想を上方修正する企業が多いことや、外為市場で昨日午後に比べ円安・ドル高に振れていることなども株価下支え要因となった。

個別では、ワクチン開発進展を受けワクチン向け保冷庫などを手掛けるツインバード<6897>がストップ高買い気配となり、20年12月期業績予想を上方修正したビジョン<9416>がストップ高まで買われ、同じく20年12月期業績予想を上方修正したヤマハ発動<7272>が20%を超す大幅高となり、21年3月期業績予想を上方修正したセントケアHD<2374>、島津製<7701>、高砂香料<4914>、ブラザー工業<6448>、三井金属<5706>、日本特殊陶業<5334>が上げた。また、ワクチン開発進展を受け経済活動の正常化期待からH.I.S.<9603>、OLC<4661>の旅行・レジャー関連株や、JAL<9201>、ANA<9202>の空運株が物色され、原油価格上昇を受けた国際帝石<1605>、石油資源<1662>の資源株、米国長期金利の急騰を受けた三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>も堅調だった。

一方、20年12月期第3四半期(20年1-9月)連結営業利益が前年同期比45.3%減となったケネディクス<4321>がストップ安となり、21年3月期上半期(中間期)連結営業利益が前年同期比20.9%減となったゲオHD<2681>、20年12月期業績予想を上方修正したが材料出尽くし感が先行したエアーテック<6291>、メック<4971>、4-9月期連結純利益が過去最高となったが利益確定売りが先行したソフトバンクG<9984>が下げた。

セクターでは、空運業、鉱業、保険業、陸運業、鉄鋼などが値上がり率上位。一方、その他製品、情報・通信業が値下がりしている。東証1部の値上がり銘柄は全体の63%、対して値下がり銘柄は33%となっている。

値上がり寄与トップはリクルートHD<6098>となり1銘柄で日経平均を約40円押し上げた。同2位はファナック<6954>となり、資生堂<4911>、ヤマハ発動機<7272>、アサヒグループHD<2502>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約48円押し下げた。同2位はエムスリー<2413>となり、バンナムHD<7832>、ネクソン<3659>、ファーストリテ<9983>などがつづいた。


*11:30現在

日経平均株価  25108.21(+268.37)

値上がり銘柄数 189(寄与度+459.36)
値下がり銘柄数  35(寄与度-190.99)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<6098> リクルートHD      4900         370 +40.03
<6954> ファナック       23490         590 +21.28
<4911> 資生堂          7450         409 +14.75
<7272> ヤマハ発         1926         365 +13.16
<2502> アサヒ          4011         321 +11.58
<4519> 中外薬          4567          94 +10.17
<4324> 電通G           3380         245 +8.83
<3382> 7&iHD           3385         242 +8.73
<9766> コナミHD         5300         230 +8.29
<4452> 花王           7899         230 +8.29
<4063> 信越化         15320         220 +7.93
<7751> キヤノン         1927         137 +7.41
<8766> 東京海上         5297         401 +7.23
<8830> 住友不          3250         200 +7.21
<7267> ホンダ         2930.5          97 +7.00
<9433> KDDI           3060          32 +6.92
<1925> 大和ハウス       3030        181.5 +6.55
<9022> JR東海         14670         1805 +6.51
<4543> テルモ          4244          45 +6.49
<7270> SUBARU          2227        174.5 +6.29

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6860         -223 -48.25
<2413> エムスリー       7786         -412 -35.66
<7832> バンナムHD       8342         -654 -23.58
<3659> ネクソン         2823         -232 -16.73
<9983> ファーストリテ    77910         -400 -14.42
<6758> ソニー          8991         -229 -8.26
<6857> アドバンテ       6540         -70 -5.05
<9064> ヤマトHD         2556         -132 -4.76
<6645> オムロン         8050         -130 -4.69
<4523> エーザイ         7715         -104 -3.75
<8035> 東エレク        29835         -100 -3.61
<4751> サイバー         6120         -470 -3.39
<2802> 味の素         2210.5        -73.5 -2.65
<4704> トレンド         6130         -70 -2.52
<6976> 太陽誘電         3995         -60 -2.16
<4568> 第一三共         3326         -18 -1.95
<4901> 富士フイルム      5464         -50 -1.80
<6326> クボタ          2051        -33.5 -1.21
<2871> ニチレイ         2839         -54 -0.97
<9613> NTTデータ        1360          -4 -0.72



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »