株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ウィルGが急反発、21年3月期業績及び配当予想を上方修正 11月10日10時26分

 ウィルグループ<6089.T>が急反発している。9日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を1150億円から1160億円(前期比4.9%減)へ、営業利益を30億円から34億円(同18.0%減)へ、純利益を15億5000万円から17億5000万円(同26.5%減)へ上方修正したことが好感されている。

 上期において主に海外WORK事業の人材派遣が堅調に推移したことが牽引することに加えて、国内WORK事業の売上総利益率が改善したことや投資抑制による共通費の減少などが寄与する。

 また、業績予想の修正に伴い、21円を予定していた期末一括配当を3円増額して24円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されている。前期実績に対しては1円の増配になる予定だ。

 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高581億7700万円(前年同期比4.2%減)、営業利益22億2100万円(同2.3%増)、純利益13億400万円(同5.1%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ウィルGが21年3月期業績及び配当予想を上方修正
JALやANAHDが急騰、33業種別値上がり率で「空運」は首位◇
アズームがS高カイ気配、駐車場紹介やサブリース成長し21年9月期営業利益2.0倍へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »