株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

飯田GHDは大幅続伸、戸建分譲事業好調で上期2ケタ営業増益 11月10日12時56分

 飯田グループホールディングス<3291.T>は大幅続伸している。9日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高7383億2000万円(前年同期比12.4%増)、営業利益526億4700万円(同12.0%増)、純利益347億2800万円(同14.0%増)と2ケタ増益となったことが好感されている。

 政府による各種住宅取得支援策などにより住宅取得環境が下支えされていることに加えて、新型コロナウイルス感染症に伴う生活様式の変化が、戸建分譲住宅への関心を高めており、グループ各社の戸建分譲事業が好調に推移した。

 なお、同時に未定としていた21年3月期通期業績予想を発表しており、売上高1兆3800億円(前期比1.6%減)、営業利益900億円(同7.8%増)、純利益580億円(同7.9%増)を見込むとした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
STIFHDが上場来高値更新、食品部門が予想上回り20年12月期業績予想を上方修正
鹿島が後場一段高、1100万株を上限とする自社株買いと21年3月期営業利益予想の上方修正を好感
<個人投資家の予想> 11月10日 12時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »