株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は7日続伸、ファーストリテとダイキンの2銘柄で約122円分押し上げ 11月11日16時45分

11日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり188銘柄、値下がり35銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は大幅に7日続伸した。前日の米国株式市場では、新型コロナワクチンや治療薬開発期待を受けた景気見通しの改善で前日に続きハイテク株から景気循環株にシフトする動きがみられた。こうした流れを受け、本日の東京市場でも昨日同様のバリュー株主導の買いの動きが優勢となった。ただ、本日は半導体関連をはじめとしたハイテク株やグロース株にも買いの動きがみられ、バリュー株一辺倒とはならなかった。また、昨日大幅高となったJAL<9201>やANA<9202>の空運株のほか川崎重工業<7012>などの重機大手で売られる銘柄もあり、バリュー株の中でも買われる銘柄とそうでない銘柄の選別がみられた。

そのほか、昨日のグロース売りの中で大きく売られたマザーズ指数も本日は朝方こそ売りに押されたものの、その後は持ち直し、指数としては1.59%高と日経平均やTOPIX(東証株価指数)に引けを取らないパフォーマンスとなった。ワクチン開発が進展しても世界中の人々の手元に届くにはまだ時間がかかるうえ、バリュー買い・グロース売りの理由とされている米国10年物国債の長期金利については、実体経済が回復しきっていないことを考慮すれば、FRB(米連邦準備制度理事会)がこの先も強力な金融緩和政策を続けることが想定されるため、長い間上昇し続けることは考えにくい。そうした先を見据えた冷静な動きが本日は表面化したと考えられよう。このように日々物色対象が変わる動き、資金循環の動きがみられる中、日経平均は一日を通して上値を追う展開となり、バブル崩壊後の戻り高値を連日更新する展開となった。

大引けの日経平均は前日比444.01円高の25349.60円となった。東証1部の売買高は16億8320万株、売買代金は3兆4841億円だった。セクター別では、不動産、鉱業、保険、海運、銀行などが上昇率上位となった一方、その他製品、空運、情報・通信の3業種のみが下落となった。東証1部の値上がり銘柄は74%、対して値下がり銘柄は全体の22%であった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約83円押し上げた。同2位はダイキン工業<6367>となり、ファナック<6954>、テルモ<4543>、第一三共<4568>、京セラ<6971>、中外製薬<4519>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約36円押し下げた。同2位はネクソン<3659>となり、リクルートHD<6098>、コナミHD<9766>、セイコーエプソン<6724>、大日本印刷<7912>、トレンドマイクロ<4704>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  25349.60(+444.01)

値上がり銘柄数 188(寄与度+535.94)
値下がり銘柄数  35(寄与度-91.93)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    79150         2310 +83.30
<6367> ダイキン        23225         1085 +39.13
<6954> ファナック       23935          585 +21.10
<4543> テルモ          4358          145 +20.92
<4568> 第一三共         3474          137 +14.82
<6971> 京セラ          6177          202 +14.57
<4519> 中外薬          4671          134 +14.50
<8035> 東エレク        29840          370 +13.34
<6857> アドバンテ       6630          150 +10.82
<6762> TDK           13380          280 +10.10
<7733> オリンパス       2284           67 +9.66
<9735> セコム          9716          265 +9.56
<2801> キッコーマン      6550          260 +9.38
<9433> KDDI           3092           42 +9.09
<4503> アステラス薬      1632         48.5 +8.74
<4901> 富士フイルム      5660          239 +8.62
<7203> トヨタ          7503          236 +8.51
<4507> 塩野義          5780          214 +7.72
<6952> カシオ          2030          198 +7.14
<7951> ヤマハ          5680          190 +6.85

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6581         -167 -36.13
<3659> ネクソン         2555         -244 -17.60
<6098> リクルートHD      4689         -162 -17.53
<9766> コナミHD         5130         -130 -4.69
<6724> エプソン         1359          -34 -2.45
<7912> 大日印          2094          -91 -1.64
<4704> トレンド         6090          -40 -1.44
<7751> キヤノン         1906          -26 -1.41
<6770> アルプスアル      1532          -30 -1.08
<4063> 信越化         15160          -20 -0.72
<7752> リコー           701          -19 -0.69
<8697> JPX           2471.5          -19 -0.69
<2269> 明治HD          7510          -90 -0.65
<8253> クレセゾン       1320          -18 -0.65
<6702> 富士通         13250         -150 -0.54
<3086> Jフロント         898          -29 -0.52
<9005> 東急           1423          -25 -0.45
<7911> 凸版印          1437          -25 -0.45
<5301> 東海カ          1210          -12 -0.43
<4911> 資生堂          7363          -12 -0.43



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »