株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、グロース株に資金向かう、AIinsideストップ高 11月12日16時37分

本日のマザーズ市場では、前日に続き押し目買いの動きが優勢となった。前日の米国市場では世界的な新型コロナウイルス再拡大を受けてNYダウが小反落する一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は2%高と3日ぶりに反発。本日の東京市場でも
「ウィズコロナ」関連とされるグロース(成長)株に投資資金が向かい、新興ハイテク株中心のマザーズ指数は堅調な展開となった。ただ、日経平均が後場に一時マイナスへ転じると、マザーズ指数も上げ幅を縮める場面があった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で2058.71億円。騰落数は、値上がり149銘柄、値下がり171銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、AI-OCR(人工知能を用いた光学文字認識)サービスのAIinside<4488>が買い気配のままストップ高比例配分となり、時価総額でマザーズ4位に浮上。上期決算は大幅な増収増益で、通期予想についても上方修正したことが好感された。その他の決算発表銘柄では第1四半期大幅増収のフリー<4478>が8%の上昇となり、前期業績を上方修正したMTG<7806>はストップ高比例配分。また、時価総額上位ではメルカリ<4385>やラクス<3923>が堅調で、売買代金上位ではネットショップ作成支援のBASE<4477>などが買われた。一方、時価総額上位の弁護士コム<6027>は軟調で、売買代金上位では直近上場したグルメサイトのRetty<7356>などが売られた。また、アクトコール<6064>やリグア<7090>が下落率上位に顔を出した。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »