株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=川本産業、感染症対策製品の需要増が好業績をけん引 11月12日10時00分

 川本産業<3604.T>は医家用衛生材料の大手。新型コロナウイルスの国内感染が再拡大しつつあるほか、インフルエンザが流行する季節を迎えたことから改めて注目してみたい。

 足もと業績は好調で、11月10日に発表した21年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結経常利益は8億3000万円(前年同期は8500万円)で着地。マスクや手指消毒剤、個人用防護服など感染症対策製品の売り上げが伸びたことなどが寄与した。こうした予想以上の需要を受けて、通期の連結経常利益見通しを前期比3.5倍の10億5000万円(従来予想は6億5000万円)に上方修正。期末配当は従来計画比4円増額の12円(前期実績は6円)に引き上げるとしている。

 株価は9月11日安値1097円と10月2日安値1101円でW底を形成し、その後は下値を切り上げる展開。直近で25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが実現しており、テクニカル面からも戻りを試す動きが期待できそうだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
任天堂が大商いで切り返す、ナスダック反発で連れ安一巡し年末商戦期待◇
リビング保証は一時18%高、上期経常を2倍上方修正し通期も増額
AIins、21年3月期通期見通しを上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »