株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は266円高でスタート、ファーストリテや東京エレクトロンなどが堅調 11月16日09時30分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;25652.69;+266.82TOPIX;1717.44;+14.22


[寄り付き概況]

 16日の日経平均は前週末比266.82円高の25652.69円と反発でスタート。13日の米国株式相場でダウ平均は399.64ドル高の29479.81ドル、ナスダックは119.70ポイント高の11829.29ポイントで取引を終了。新型コロナウイルス感染の再拡大でもワクチンの実用化が鍵となり、来年の回復への期待が強まり寄り付きから上昇。

 10月生産者物価コア指数が予想以上に低下したほか、11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値も予想外に悪化しており連邦準備制度理事会(FRB)が当面、大規模緩和を継続するとの見方も買い材料となり、引けにかけては上げ幅を拡大した。

 シカゴ日経225先物清算値は大阪比280円高の25620円。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から本日の日経平均は買い先行で取引を開始。先週末に心理的な重石となっていた11月SQ値(25480.28円)を寄り付き段階で突破してきたことも、投資家のセンチメント改善に寄与するとの見方も市場では多い。なお、7-9月期国内総生産速報値は、前期比年率+21.4%で市場予想(同比+18.9%)を上回った。

 売買代金上位では、ファーストリテ<9983>、東京エレクトロン<8035>、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、パナソニック<6752>、ホンダ<7267>、日産自<7201>など主力処は概ね堅調。業種別では、海運、ゴム製品、鉄鋼、保険などが上昇率上位に。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »