株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

世界最大規模の自由貿易圏誕生 11月16日15時44分

 報道によると、日本、中国、韓国、豪、NZ、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の15カ国は11月15日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に署名した。経済規模的に世界最大の自由貿易圏となる。インドは含まれていないが、関係者によると加盟の可能性は残されている。報道によると、RCEPの枠組みでは、中国、韓国は大半(90%程度)の工業品で日本から輸出する際の関税を段階的に撤廃する。農産品重要5項目は関税削減の対象から除外されている。

 市場関係者の間では「日本からの自動車部品などの輸出拡大が期待できる」との声が聞かれている。中国への輸出については、3%程度の関税が賦課されているガソリン車用のエンジン部品の一部などについて発効時に関税が撤廃されるもようだ。RCEP協定の締結は地域の貿易・投資の促進、サプライチェーンの効率化に寄与するとみられているが、中長期的な観点でアジア諸国の金融・経済にどのような影響を及ぼすのか、注目したい。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »