株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「ゲーム関連」が22位にランク、クリスマス商戦の目玉として要注目<注目テーマ> 11月16日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー
2 全固体電池
3 デジタルトランスフォーメーション
4 電気自動車関連
5 コロナウイルス
6 2020年のIPO
7 マスク
8 太陽光発電関連
9 eコマース
10 5G 

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ゲーム関連」が22位となっている。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり消費で、ゲーム関連は大きなメリットを享受した業界だ。任天堂<7974.T>は主力のゲーム機「ニンテンドースイッチ」や「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の好調で21年3月期の業績予想を増額修正した。また、ソニー<6758.T>もゲーム機事業の好調で、業績を上方修正し、株価は1万円を視野に入れる状況となっている。
 
 特に、ソニーは12日、次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を発売した。また、米マイクロソフトもゲーム機「Xbox」の新型機を投入している。巣ごもり人気もありクリスマス商戦の目玉としてゲーム機の販売は一段と盛り上がることが期待されている。関連銘柄は、ゲームソフト大手のスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>やカプコン<9697.T>、コーエーテクモホールディングス<3635.T>など。日本一ソフトウェア<3851.T>やKLab<3656.T>、GameWith<6552.T>、Aiming<3911.T>やgumi<3903.T>などにも注目したい。任天堂関連の電子部品メーカーのメガチップス<6875.T>やホシデン<6804.T>、ミネベアミツミ<6479.T>などからも目が離せない。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=急反発、景気改善への思惑でリスク選好
日本一ソフトが一時17%高、上期営業利益8.0倍
午前:債券サマリー:先物は小幅続伸、長期金利0.020%で横ばい


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »