株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本情報Cがカイ気配スタート、1株から2株への株式分割を好感 11月16日09時07分

 日本情報クリエイト<4054.T>がカイ気配スタートとなっている。前週末13日の取引終了後、11月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これが好材料視されている。株式の流動性を高めてより投資しやすい環境を整えるとともに、投資家層の拡大を図ることが目的という。

 同時に発表した第1四半期(7~9月)単独決算は、売上高6億4800万円、営業利益1億6300万円、純利益1億400万円だった。前年同期は四半期決算を作成していないため比較はないものの、新規顧客への販売や既存顧客への再販活動が順調に推移し、賃貸革命におけるクラウド版への移行需要が高まるなどし管理ソリューションが順調に推移した。

 なお、21年6月期通期業績予想は、売上高25億6600万円(前期比8.0%増)、営業利益5億5200万円(同5.4%増)、純利益4億1100万円(同12.1%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
プレサンスがカイ気配、オープンHによるTOB価格1850円にサヤ寄せ◇
サイバーリンはカイ気配スタート、今期業績予想の大幅増額と株式分割発表
東京株式(寄り付き)=反発、再びバブル後高値更新を意識


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »