株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 東京エレクトロン、ツインバード工業、Abalanceなど 11月17日07時32分

銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
ベクトル<6058> 827  -68
今期業績予想を下方修正している。

ブイキューブ<3681> 2591  -193
先週末急伸の反動で利食い売り優勢。

ユーグレナ<2931> 820  -44
20年9月期赤字決算をマイナス視。

アルテリア・ネットワークス<4423> 1605  -88
7-9月期営業利益は減益に転じる。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765> 2454  -108
先週末発表の第3四半期決算をマイナス視。

TOKYO BASE<3415> 479  -33
立会外分売の実施を発表。

LIFULL<2120> 395  -14
前期上振れ決算だが織り込み済みで出尽くしへ。

オプティム<3694> 3060  -110
上半期大幅増益決算も出尽くし感先行。

ライドオンエクスプレスホールディングス<6082> 2108  -91
好決算発表も想定の範囲内で出尽くし感に。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 461.1  +15.5
上半期好進捗で通期予想を上方修正。

東京エレクトロン<8035> 32570  +1540
米SOX指数上昇などで半導体製造装置株が高い。

SMC<6273> 60000  -450
決算サプライズなく出尽くし感が優勢か。

ツインバード工業<6897> 1905  +400
ワクチン関連株として上値追いが続く格好に。

Abalance<3856> 2378  +400
第1四半期大幅増益決算を好感へ。

野村マイクロ・サイエンス<6254> 3000  +415
上半期の高い業績変化率を好感。

新内外綿<3125> 665  +100
マスク関連株として関心が続く。

ラオックス<8202> 194  +18
7-9月期の営業黒字を好材料視へ。

日本一ソフトウェア<3851> 1172 +154
上期の営業利益は前年同期の約8倍となる4.50億円で着地。

日本情報クリエイト<4054> 5780 +490
11月30日を基準日に1対2の株式分割、第1四半期も好調。

Chatwork<4448> 1690 -500
20年12月期の営業利益予想を2.89億円に修正、前回予想の範囲内で材料出尽くし。

インパクトホールディングス<6067> 3475 +220
非開示だった20年12月期予想を一部開示、営業利益は10億円と好調見込む。

アライドアーキテクツ<6081> 368+80
20年12月期予想を修正、営業利益は1.01億円から2.30億円に引き上げ。

レアジョブ<6096> 2189 +53
20日付で東証1部に市場変更へ。

サイバーダイン<7779> 858 +150
上期の純損益は1.67億円の黒字(前年同期は1.12億円の赤字)で着地。

IMV<7760> 408 +61
21年9月期見通しを買い材料視。

アルファクス・フード・システム<3814> 701 +79
21年9月期の黒字転換見通しを評価。

常磐開発<1782> 6930+1000
MBOによる株式の非公開化へ、TOB価格(1株7800円)にサヤ寄せの動き。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »