株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ロコンド、調整十分で再騰局面に期待 11月17日10時02分

 ロコンド<3558.T>は9月に4180円の上場来高値をつけた後調整局面に移行したが、時価2500円近辺でのもみ合いは売り物がこなれており、買いで対処してみたい。女性層を顧客ターゲットに靴や衣料品の通販サイトを展開するが、ユーチューバーとのコラボレーション企画が功を奏しD2Cブランド商品の売り上げが拡大している。

 21年2月期は営業損益が15億円と大幅に黒字化(前期実績は8300万円の赤字)する見通し。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の動きは靴の需要にはネガティブに働くものの、コラボ企画が当たっており、これはアフターコロナでも強みとなりそうだ。19年2月期、20年2月期と営業赤字が続いたが、この間もトップラインは大幅な伸びを示しており中期的な成長期待は強い。

 当面は75日移動平均線が位置する3000円大台近辺への戻りを期待。動き出すと足が速いのが特長だ。ただし噴き値があれば売りを優先したい。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
新都HDは大幅高、医用画像情報管理企業と業務提携に関する基本契約締結
ピクセルは急反発、長崎IRへの参入方針を決定
ドラフトが続急伸、12月14日を基準日として1株を2株へ株式分割


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »