株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 イオンファンタジー、三菱重工業、レノバなど 11月18日07時15分

銘柄名<コード>17日終値⇒前日比
平山ホールディングス<7781> 1192 -203
7-9月期の前年同期比10%減収・99%営業減益が失望を誘う。

BASE<4477> 9920 -1080
7-9月期のGMVの伸び鈍化を嫌気した流れが続く。

AI inside<4488> 77700 -15000
新興市場売りの地合いを受け、
高値警戒感も相まって利益確定売りの流れに拍車かかる。

ディーエムソリューションズ<6549> 2597 -322
利益確定売りの流れが続くなか
25日線も割り込んだチャート形状の悪化が更に売りを誘う展開に。

エンプラス<6961> 2519 +322
自社株の大規模取得や消却を発表。

ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615> 377 +54
上半期の営業黒字転換で安心感。

イオンファンタジー<4343> 2430 +211
10月既存店の改善傾向などをプラス視。

市光工業<7244> 523 +44
第3四半期累計営業黒字転換で通期予想も上方修正。

ベクトル<6058> 896 +69
業績下方修正で前日に売られた反動も。

JUKI<6440> 519 +37
16日の蛇の目の株価上昇が刺激にも。

三菱重工業<7011> 2619 +171
大和証券では投資判断を2段階格上げ。

ラウンドワン<4680> 892 +59
ワクチン開発進展期待を反映の動き。

KNT-CTホールディングス<9726> 904 +34
旅行関連株物色の流れに乗る。

レノバ<9519> 2576 +240
再生エネルギー関連の中心格として関心が続く。

ビジョン<9416> 1140 +45
ワクチン開発進展による海外旅行者の早期回復期待も。

T&Dホールディングス<8795> 1254 +55
米長期金利の上昇が買い手掛かりに。

ニチコン<6996> 1037 +43
目立った材料ないがショートカバーなど優勢か。

エイチ・アイ・エス<9603> 1625 +81
モデルナのワクチン試験好結果で旅行関連に物色が向かう。

スカラ<4845> 770 -150
第1四半期大幅減益決算をマイナス視。

チェンジ<3962> 8460 -1180
決算を好感して16日は一時大きく上昇したが。

ダイトウボウ<3202> 119 -11
連日の株価急騰で過熱警戒感も。

Ubicomホールディングス<3937> 2938 -332
10月の高値更新でいったん達成感も。

GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788> 9130 -1080
モメンタム銘柄の一角からは資金流出も。

ブイキューブ<3681> 2301 -290
ワクチン開発進展の流れが逆風とも捉えられる。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »