株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エコモットが5日ぶりに反発、遠隔臨場システム「Gリポート」の目標出荷数を上方修正 11月19日09時13分

 エコモット<3987.T>が5日ぶりに反発。18日の取引終了後、中山組(札幌市)と共同開発した遠隔臨場システム「Gリポート」の目標出荷数を上方修正すると発表しており、これを好感する買いが入っている。

 「Gリポート」は今年7月から提供を開始したが、10月末現在でレンタル累計121台月の利用となり、当初目標としていた初年度出荷台数である300台月の40%を約3カ月で達成したことから、初年度出荷台数の目標を300台月から1000台月に上方修正した。また、Gリポートの次世代通信規格5G対応版を12月初旬から提供開始することも明らかにした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ネクストーンはカイ気配、欧州で著作権徴収代行契約を締結
平山が大幅続伸、2万株を上限に自社株買いを実施
フルッタフルッタに大口の買い注文流入、保有株のコールオプション契約とローン契約締結◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »