株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ファナックなど全般冴えない、シカゴは大阪比60円高の25600円 11月20日07時55分

ADR(米国預託証券)の日本株は、任天堂<7974>、デンソー<6902>、TDK<6762>が堅調な他は、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、セコム<9735>、エーザイ<4523>など対東証比較(1ドル103.76円換算)で全般冴えない。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の25600円。

米国株式相場は反発。ダウ平均は44.81ドル高の29483.23ドル、ナスダックは103.11ポイント高の11904.71ポイントで取引を終了した。ワクチン実用化が視野に入ったものの広範に行き渡るには時間がかかり、新型コロナウイルス感染の再拡大で世界経済の低迷を懸念し投資家心理が悪化したため寄り付きから下落した。週次失業保険申請者数が予想外に増加したたためさらに懸念が強まり軟調推移となったが、引けにかけて、民主党のシューマー上院院内総務が共和党のマコーネル上院院内総務と追加経済対策の交渉再開で合意したと明らかにすると期待感から上昇に転じた。

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円10銭から103円73銭まで下落し、103円74銭で引けた。国際通貨基金(IMF)やG20は世界経済回復が失速した可能性や「リスクは非常に高い」と警告したため、リスク回避の円買いが強まった。先週分新規失業保険申請件数が予想外に前回から増加したほか、カプラン米ダラス連銀総裁が2番底の可能性を警告し、米国債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1819ドルまで下げた後、1.1882ドルまで上昇して1.1879ドルで引けた。

NY原油先物1月限は弱含み(NYMEX原油1月限終値:41.90 ↓0.11)。


■ADR上昇率上位銘柄(19日)
<5486> 日立金 147.5ドル 1530円 (133円) +9.52%
<7752> リコー 6.48ドル 672円 (13円) +1.97%
<7974> 任天堂 66.82ドル 55466円 (1046円) +1.92%
<3401> 帝人 18.08ドル 1876円 (27円) +1.46%
<6902> デンソー 24.91ドル 5169円 (63円) +1.23%


■ADR下落率上位銘柄(19日)
<7012> 川重 5.93ドル 1538円 (-50円) -3.15%
<8303> 新生銀 2.48ドル 1286円 (-37円) -2.8%
<7205> 日野自 85.7ドル 889円 (-25円) -2.74%
<6471> 日精工 16.47ドル 854円 (-23円) -2.62%
<7202> いすゞ 9ドル 934円 (-22円) -2.3%


■その他ADR銘柄(19日)
<1801> 大成建 8.6ドル 3567円 (-33円)
<1925> 大和ハウス 31.84ドル 3304円 (-16円)
<1928> 積水ハウス 18.39ドル 1909円 (-3.5円)
<2503> キリン 21.45ドル 2226円 (5.5円)
<3402> 東レ 10.88ドル 564円 (-2.5円)
<3407> 旭化成 19ドル 986円 (-2.8円)
<3938> LINE 51.51ドル 5345円 (-25円)
<4523> エーザイ 74.76ドル 7757円 (-41円)
<4704> トレンド 51.44ドル 5337円 (-3円)
<4901> 富士フイルム 54.91ドル 5697円 (-41円)
<4911> 資生堂 69.02ドル 7162円 (-39円)
<5108> ブリヂストン 17.67ドル 3667円 (-12円)
<5201> AGC 6.76ドル 3507円 (-18円)
<6301> コマツ 24.2ドル 2510円 (2円)
<6503> 三菱電 28.07ドル 1456円 (-12.5円)
<6586> マキタ 51.04ドル 5296円 (-14円)
<6645> オムロン 82.16ドル 8525円 (5円)
<6702> 富士通 26.07ドル 13525円 (5円)
<6723> ルネサス 4.26ドル 884円 (-16円)
<6758> ソニー 88.85ドル 9219円 (-30円)
<6762> TDK 131.88ドル 13684円 (64円)
<6902> デンソー 24.91ドル 5169円 (63円)
<6954> ファナック 23.66ドル 24550円 (-35円)
<6988> 日東電 39.39ドル 8174円 (-16円)
<7201> 日産自 9.15ドル 475円 (-2円)
<7202> いすゞ 9ドル 934円 (-22円)
<7203> トヨタ 140.92ドル 7311円 (10円)
<7267> ホンダ 28.45ドル 2952円 (-9.5円)
<7270> SUBARU 10.24ドル 2125円 (-20円)
<7733> オリンパス 19.98ドル 2073円 (-3.5円)
<7741> HOYA 120.49ドル 12502円 (17円)
<7751> キヤノン 18.33ドル 1902円 (-1.5円)
<7974> 任天堂 66.82ドル 55466円 (1046円)
<8001> 伊藤忠 53.17ドル 2758円 (1円)
<8002> 丸紅 58.8ドル 610円 (-0.7円)
<8031> 三井物 362.85ドル 1882円 (4.5円)
<8053> 住友商 12.8ドル 1328円 (-0.5円)
<8306> 三菱UFJ 4.48ドル 465円 (3.9円)
<8309> 三井トラスト 3.03ドル 3144円 (-36円)
<8316> 三井住友 6.14ドル 3185円 (11円)
<8411> みずほFG 2.74ドル 1422円 (15.5円)
<8591> オリックス 74.85ドル 1553円 (-1円)
<8604> 野村HD 4.96ドル 515円 (1.4円)
<8766> 東京海上HD 53.72ドル 5574円 (-20円)
<8802> 菱地所 17.2ドル 1785円 (-4.5円)
<9202> ANA 4.95ドル 2570円 (6円)
<9432> NTT 23.93ドル 2483円 (-3.5円)
<9735> セコム 24.04ドル 9978円 (-182円)
<9983> ファーストリテイ 80ドル 83008円 (-242円)
<9984> ソフトバンクG 31.71ドル 6580円 (3円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »