株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

不動テトラが反発、エフィッシモの保有割合5.85%判明で需給思惑働く 11月20日09時08分

 不動テトラ<1813.T>が反発している。エフィッシモ キャピタル マネージメントが19日の取引終了後に財務省に提出した大量保有報告書で、エフィッシモの同社株式保有割合が5.85%となり、新たに5%を超えたことが判明しており、これを受けて需給思惑が働いているようだ。保有目的は純投資。なお、報告義務発生日は11月13日としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(寄り付き)=軟調、高値警戒感で売り先行
シキボウがカイ気配で水準切り上げる、抗ウイルス加工「フルテクト」の対新型コロナ効果を確認
アララの上場2日目はウリ気配スタート


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »