株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米FRBは長期国債の買い入れ増額を早急に検討か 11月24日10時10分

 23日発表された11月マークイット米製造業購買担当者景気指数(PMI)と同月のサービス業PMIはいずれも市場予想を上回った。また、「民主党のバイデン氏は次期財務長官にイエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長を指名する計画」との一部報道も材料視されたようだ。市場参加者の間からは「イエレン氏は財政出動に対してある程度寛容であり、追加の財政出動が期待できる」との声が聞かれている。大規模な財政出動と低金利政策の長期化は株式市場に対する支援材料となるが、市場のインフレ期待を高める要因となる。FRBは米長期金利の過度な上昇を抑制することを余儀なくされる可能性があるため、長期国債の買い入れ増額などが早急に検討されることになりそうだ。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »